• 2016.7.10 暮らしのレシピ
  • 食と暮らし

余呉の池原そば道場

余呉町の池原集落に古民家を改装した「池原そば道場」があります。

ここは本格的なそば打ち体験ができるのが特徴です。
集落で作られたそばの実とおいしい水で作ったそばは大変好評で、
岐阜県や福井県、関西など県外からの来客も多いそうです。

IMG_1387

IMG_1392

しかしながら、池原そば道場ができた当初はいろんな苦労があったそうです。
そこで今回は、そば打ち体験と併せて、池原そば道場の代表藤原哲男さんと婦人グループの代表の是洞千里さんに、当時のお話しを伺いました。

古民家をつぶすのはもったいない

――当時一番大変だった事は何でしたか?
IMG_1368

是洞さん「古民家の掃除でした。主に女性2人が担当していたのですがきれいになるまで1ケ月くらいかかりました。
そば作りも一から勉強しました。そばをやろうということにはなったのですが、実は誰もそば作りに詳しい人がいなかったんです。簡単にできるだろうと思っていたのですが、実際やってみると上手くできませんでした。 だから、そば打ちの勉強をするために、岐阜県や福井県に行って習うメンバーもいました。そんなこんなで1年目はとても苦労しました。 2年目以降、少しずつ上達してきて今に至ります」

いざ、そば打ち体験へ!

IMGP6414

IMGP6473

IMGP6486

IMGP6504

IMGP6520

今では、体験の予約もかなり入り、年末に販売している年越しそばも600食ほど出ているとか。

藤原さんによると、そば作りをきっかけに地元の住民が、収穫の話をしたり、翌日のそば打ち体験準備をしたりすることが住民どうしのコミュニケーションのきっかけになっていて、 集落の活力に繋がっているとのことでした。

池原そば道場
住所:長浜市余呉町池原1337-2
料金:1打ち 3,000円(約3~4人前) 会食 1人500円
※体験の場合は、原則2日~3日前に予約
※施設情報・料金等の最新情報は直接ご確認ください

連絡先:080-5701-3727(代表:藤原)

記事執筆:植田 淳平

植田淳平
この記事を書いた人
植田淳平
2015年12月より東京から滋賀県長浜市に移住をして現在、長浜市地域おこし協力隊として活動。 趣味はボクササイズ。移住して1年、湖北の魅力を探索中です。