• 2020.4.13
  • 長浜くらしノートストア

長浜から発信する新しいラーメンのかたち


お店の近くから見える夕景

 

滋味あふれるーー。ラーメンの味を伝える表現としては珍しいかもしれません。鶏と野菜からとる出汁をベースして、酒粕、豆乳、ジビエ、鮎、梅干しといった食材を使ったメニューが季節ごとに入れ替わりで登場します。梅花亭のラーメンは、長浜の土地のめぐみと、培われてきた食の知恵を取り入れた、しみじみと味わい深い一杯です。

地元の酒蔵「冨田酒造」の酒粕を使った濃厚なラーメン(梅花亭提供写真)

 

店主の菅井竜冶さんが14年前の開店時から模索してきたのは、「滋賀・長浜から発信する新しいラーメンのかたち」。伝統食を先達に学び、山菜を摘み、狩猟免許をとって山へ入るなかでたどりついたのが、この地の季節感を表現することでした。とはいっても国民食として固定イメージの強いラーメンとどのように融和させるのか。長い紆余曲折を経て「かたち」を明確にしていきました。

 

カウンター越しに調理する菅井さんからは、食材を慈しむように扱っているのがよくわかります。待ったかいがある、また食べたくなる一杯。そして菅井さんを介した向こうにある食材の生産者や長浜の自然をより知りたくなる一杯です。

関連記事
http://naga-labo.org/daily/sugai_noodle/

 


【食べるラー油】

ラーメンは持ち帰りならずとも、テイクアウトならこれ。ナッツとフライドガーリックなどを混ぜ込んだ食感も楽しい食べるラー油。ご飯に冷奴に、サラダに。万能のおいしさ。

 

梅花亭
長浜市大戌亥町1031-3
Tel :0749-65-6450

営業時間
11:30~14:30   14:00(LO)
18:00~20:30   20:00(LO)
月曜休み 他不定休あり

矢島絢子
この記事を書いた人
矢島絢子
学生時代+数年を県外で過ごしUターン。冬の寒さをどうやって乗り切るかが毎年の課題。自転車に乗って肌寒さを感じなくなったときが湖北の本当の春到来だと信じています。そんな自転車の速度で感じるような、長浜の空気を伝えて行きます。