• 2016.6.6
  • 高校生ライター

北星高等学校のこと

我が長浜北星高等学校は、「自分で拓こう 自分の道 自分の夢」という言葉をもとに、将来について考える機会がとても多い学校です。その将来を決める重要なことが系列を選ぶことです。元々5つと多くの系列があったのですが、さらに一昨年には、福祉系列が加わり、計6つの系列があります。

しかし残念ながら自分の系列以外のことは全く知らないという人が多いです。授業は個人の時間割表に合わせて移動するので、関わりのない教室には一切行くことはありません。
しかし私は新聞サークルの活動として、各系列の授業を行う教室を見る機会がありました。
そこで、専門的な機械や道具を目にしましたが、何のためにどうやって使うかまではわかりませんでした。

そして今年から高等養護学校も加わり、生徒だけでなく先生も含めて本当に多様な人が学ぶ学校となりました。
高等養護学校は、職業人として就労に必要な知識・技能および態度を身につけることを教えているそうです。

今年度より併設された高等養護。総合高校として、情報電子テクノロジーや福祉など6つの系列があります

今年度より併設された高等養護

ここ数年で長浜北星高等学校は確かな変化を遂げました。しかし、長浜北星高等学校の魅力を一部しか知らない人が多くいると思います。ですから、新聞サークルとしての活動を通して、もっと色々なことを伝えていき、大勢の人に魅力を十分に知ってもらえるように頑張っていきます。

2015年から発刊した校内紙「おちこち新聞」

2015年から発刊した校内紙「おちこち新聞」

長浜北星高校新聞サークル2年女子

この記事を書いた人
nagahamalabo