• 2017.10.3 長浜の人
  • 市民カメライター養成講座

I HAVE A DREAM 菊水飴の謎にせまる

私には、幼いころからの夢がありました。
それは

「余呉の菊水飴の、作り方を知りたい!!!」

伸ばして、巻いて、食べる水あめ。
とても不思議で甘いお菓子が、いつも隠居の祖母のそばにありました。

菊水飴あわあわ
どうしてこんなにやわらかいんだろう
どうしてこんなにのびるんだろう
どうしてこんなにおいしいんだろう
“どうやってつくるんだろう??”

長浜で育って〇〇年。ようやく、その謎を解く機会がやってきました!

P8172112

お邪魔したのは、長浜市余呉町坂口にある 「菊水飴本舗」さん。

P8172116

お店の敷地内には、立派な門構えも。
歴史を感じます。

 

菊水飴56年前

今から、56年前のお店のお写真。

 

菊水飴歴史

さらには、明治の頃の様子も残されています。
1636年、江戸時代の創業と言われています。

 

15代当主、平野市朗さん。
昨年12月に新しいパッケージになった菊水飴(むかって右)と、
昔ながらの菊水飴(左)を手に取っていただきました。
どちらも、お気に入りとのことです。

菊水飴市朗さんなやむ

勇気を出して、「作っているところを見せてください!」とお願いしてみたところ・・・

 

 

「どなたにも、お見せしたことがないんです・・・」
とのこと。
そこでこっそり、つくりかたを教えていただきました。

「菊水飴のつくりかた」
① でんぷん(粉)を、大麦麦芽と合わせてお湯の中で発酵させる(平均8時間~12時間)
② 煮詰める
③ 搾る
④ 不純物を取る
⑤ 再び煮詰めながら水分調節をして仕上げる。←一番難しい!

の、主に5つの手順があるそうです。
一番のびっくりは、かかる時間の長さ!!
そして

「白く泡立てるところが、水あめの命。まろやかさがでるんです」
昔ながらの手間暇をかけた作り方。
そこに、あの柔らかさと、美味しさの秘密があったんですね。

今では、無添加の優しい味わいが、特に小さいお子さんをもつママたちから注目の的だそうです。

 

菊水飴市朗さん

 

「これからも、若い人たちに愛される水あめを作っていきたい」と、意気込みを語ってくださった平野さん。
この美味しさを次世代に繋げていってくれる、16代目を募集中とのことでした。
興味のある方はぜひ一度、お店を訪ねてみてください。

ちなみに。

夢はもうひとつありまして。
今回、特別に平野さんに了承を得て、実現しました。
名付けて、

 

「菊水飴って、どこまで伸びるの??大実験!!!」

菊水飴のびる

おお!!まだまだいけそう!!
てことで、目安に2歳児(身長83センチ)を並べてみたところ・・・

菊水飴とそうくん上

菊水飴とそうくん下

てことで、およそ、166センチ!!でした!!

夢って叶うものですね・・・(平野さん、ありがとうございました!)

 

 


菊水飴本舗
滋賀県長浜市余呉町坂口576
電話 0749-86-2028
ホームページ http://www.kikusuiame.com/

 

小野千穂
この記事を書いた人
小野千穂
長浜市高月町で育つ 高校を卒業後、滋賀を離れ2005年にUターン。 以来、故郷の良さをかみしめながら発信中。